toggle
2016-02-04

30歳を超えてからでした

私が結婚を意識しだしたのは、30歳を超えてからでした。

学校を出てから就職したIT会社を3年でやめ、起業してからというもの、一心不乱に自分の会社のことに取り組んできて、とても恋愛や結婚なんて考える余裕はなかったのです。

会社がだんだんと軌道に乗ってきたタイミングで、老いた母から、身を固めるように話があったのです。

一人っ子の私のことを心配してくれてのことだと痛く感じ、親孝行を兼ねて、結婚を決意しました。

ただ、婚活の具体的なやり方がわかりません。

仕事を通じて、若い独身女性と接触することがありませんし、身の回りにも、そういった女性はいません。

いまさら合コンといっても、どうすれば参加できるかもわからなかったのです。

そこで、ネットでときおり見かける結婚相談所のことを思い出しました。

ずっと古くからあるシステムですので、新鮮さは感じなかったのですが、逆に、長く続いているということは、それなりの実績もあるからだろうと考え、軽い気持ちで結婚相談所のサイトを幾つか検索してみたのです。

あるサイトでは、無料相談ができる、というので、様子見のつもりで出かけていきました。

担当者が親切にいろんなことを話してくれ、うまく行かなかった事例もあげての説明があったので信頼感を覚え、そこに入会を決めたのです。

指定された書類をそろえて提出し、審査に合格したとのことで入会が認められました。

私の入会した結婚相談所では、パソコンかスマートフォンからデータベースに入り、異性の会員のプロフィールを見た上で、これはという人がいれば、見合いの申し込みができる形になっています。

ほかにも、定期的にパーティーが開かれたり、各種のイベントがあって、出会いの場が用意されています。
私の場合は、3回目のお見合い申し込みで、首尾よく、交際に進むことができました。

ネット時代だからこそ、結婚相談所が真価を発揮できた、という側面があると感じました。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>